潰瘍性大腸炎と湿疹

潰瘍性大腸炎の患者さんの多くが、皮膚症状にも悩まされていると言われています。

 

皮膚症状で潰瘍性大腸炎に特徴的なものは、結節性紅斑(けっせつせいこうはん)や壊疽性膿皮症(えそせいのうひしょう)です。結節性紅斑では足首やすねに赤い腫れができます。壊疽性膿皮症は、主に足に見られる潰瘍のことで放置すると深い潰瘍になることがあります。