潰瘍性大腸炎とポリープ

潰瘍性大腸炎とポリープ

大腸のポリープは、粘膜の一部がイボのように隆起したものを指します。

 

大腸ポリープの全部が、がん化の心配があるわけではありません。

 

大腸ポリープには、「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」があります。

 

 

「腫瘍性ポリープ」とは!?

 

腫瘍性ポリープには、良性と悪性(がん)とがあります。

 

大腸ポリープの80%は、良性の腫瘍性ポリープです。

 

良性の腫瘍性ポリープは「腺腫」と呼ばれ、
S状結腸や直腸で発見されることが多いです。

 

腺腫の一部が、がん化する場合もあります。
(1cmを超えると、がん化している可能性が高いとされています。)

 

腺腫のポリープは数年かけて進行し、その一部ががん化します。

 

腺腫の一部がガン化したものは、
腺腫内がんと呼ばれます。

 

非腫瘍性ポリープとは!?

 

非腫瘍性ポリープには、

 

●「過誤腫性(かごしゅせい)ポリープ」・・正常の大腸粘膜が過剰に発育し、ポリープ状になったものです。
組織奇形の一種で、直腸に散在して発生し出血しやすいポリープですが、がん化の心配はないとされている。

 

●「過形成性(かけいせいせい)ポリープ」・・加齢によりできる(ガン化することは少ない)

 

●「炎症性ポリープ」・・潰瘍性大腸炎などの腸の炎症が原因でできる。

 

潰瘍性大腸炎に伴って、ポリポーシス(多発性のポリープ)ができることがあります。

 

「過形成ポリープ」・・腫瘍のできやすい体質、腫瘍のできやすい食生活の人にできる。

 

などがあります。

 

☆潰瘍性大腸炎のポリープにはいくつかの種類があります。

 

・「偽性ポリープ」は、炎症後に取り残された粘膜がポリープのように見えるもの。

 

・「DALM(異形上皮→癌になります)」は、罹患期間が長いひとにできるポリープ。

 

・他のタイプは、健康な人にもできるポリープ(良性から悪性まで)と同じです。

 

 

大腸ポリープの検査と診断

 

大腸ポリープは、ふつう、何の症状もなく、無症状です。

 

大腸がん検診や人間ドックなどで、便潜血(べんせんけつ)を指摘されて発見されることがよくあります。

 

また、腹痛や下痢(げり)、便秘に対する精密検査として行なわれる大腸検査で偶然見つかることもあります。

 

一方で、まるで痔(じ)からの出血のように、鮮血が便に付着したり、下血(げけつ)がみられることもあります。

 

検査と診断方法

 

バリウムを肛門(こうもん)から注入して、大腸内を検査する注腸X線造影や、大腸内視鏡検査によって検査されます。
注腸X線造影や大腸内視鏡検査でも、検査の前日と当日は、食事制限や下剤の服用が必要となります。

 

内視鏡検査では、ポリープの組織を直接採取したり、切除することもあります。

 

ポリープの組織を採取、切除することによって確実な診断がつき、治療や経過観察の方針が決まります。

 

 

大腸ポリープの治療法

 

大腸ポリープの治療方針は、ポリープの組織をとって顕微鏡で検査した結果をみて決定されます。

 

ポリープが腺腫であると診断されたときは、一部にがんをともなっていたり、がん化の可能性があるのですから、内視鏡検査のときに切除することもよくあります。

 

過形成性ポリープは放置してもよいのですが、大きくなって出血するものは、内視鏡で切除することが多いです。

 

内視鏡による大腸ポリープの切除は、直径が1cmまでの場合は一度で終わります。

 

直径1cm以上の大きさの場合は、何回かに分けて切除したり、外科手術(開腹手術)をすることもあります。

 

しかし、最近では腹腔鏡(ふくくうきょう)という内視鏡を使って、開腹せずに手術することができるようになりました。

 

大腸ポリープの予防法

 

ポリープの予防法は、潰瘍性大腸炎の炎症を抑えることです。

 

また健康な場合にできるポリープは、定期的な運動や脂肪を摂りすぎないようにして予防するようにしましょう。