潰瘍性大腸炎とうつ(鬱)

潰瘍性大腸炎とうつ(鬱)&精神疾患

潰瘍性大腸炎 うつ

近年の研究で、

 

腸が健康だと、精神状態も良好で、
幸せでやる気に満ちていて、

 

腸が不健康だと、精神状態も落ち込みがちで、
すぐに落ち込んだり、無気力になったり、ぼーっとする
ということが
分かってきました。

 

なぜ、腸と精神状態には、
関係があるのでしょうか?

 

 

実は、その原因は、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」にあると考えられています。

 

脳からセロトニンが分泌されると、
喜びや快楽を感じるようになっていて、

 

セロトニンが足りなくなると、
うつ病などの精神疾患に陥りやすくなってしまいます。

 

実はセロトニンは、腸内に一番多く存在しているのです。

 

脳内に2%、腸内に90%という割合で存在していますので、
腸内の環境は非常に大切です。

 

人の精神状態を大きく支配しているのは、
たった2パーセントの脳内セロトニン
です。

 

 

脳内のセロトニンは、腸から運ばれますが、
腸内環境が正常でないと、
脳まで上手く運ばれず脳内でセロトニンが不足してしまう、と考えられています。

 

 

うつ病などの精神疾患を持つ人の腸を調べたところ、
みな、腸内環境が悪かった、というデータもあるほどです。

 

 

精神疾患を持つ患者の腸内細菌を調べてみると、
腸内の善玉菌が少なく、悪玉菌が優勢になっていることがほとんどだそうです。

 

 

そこで最近では
うつ病などの精神疾患を持つ患者にたいして、投薬を行うより、
腸内環境を正常に戻す治療を優先する方が良いと主張する医師も増えています。

 

腸内環境を正常に戻すには、
乳酸菌などを摂ったり、
果物や野菜などをしっかり食べたり、
水溶性食物繊維をとるように心がけましょう。

 

セロトニンを作る時には、
ビタミンB6や葉酸も必要
ですので、

 

ビタミンB6を多く含む、
「マグロ・カツオ・さけ・サンマなどの魚類や
ピスタチオなどの種実類
バナナやサツマイモ」などや

 

葉酸を多く含む、
「枝豆、ブロッコリー、菜の花
水菜、アスパラガス、
イチゴや納豆」などを

 

積極的に食べるようにして、
徐々に腸内環境を整えていきましょう。