潰瘍性大腸炎と頭痛

潰瘍性大腸炎と頭痛

潰瘍性大腸炎 頭痛

潰瘍性大腸炎になる前は、
全然 頭が痛くなることなどなかったのに、

 

潰瘍性大腸炎のお薬を飲み始めてから
頭痛がひどくなったという方がおられます。

 

実は、サラゾピリン、ペンタサ、アサコールなどの薬の副作用には、
頭痛の症状があります。

 

サラゾピリンやペンタサなどを飲んでいる方の中で、
頭痛が出る方は、
薬の影響を疑った方がいいかもしれません。

 

潰瘍性大腸炎と市販の風邪薬&鎮痛剤

 

頭痛がひどい時に、市販の風邪薬や
市販の鎮痛剤を買って飲むのは
やめた方が良いです。

 

なぜなら、
市販の風邪薬や鎮痛剤には、
腸を荒らす成分が入っていることがあるからです。

 

 

鎮痛剤の代表選手、

 

イヴA錠やバファリンは、
腸に負担がかかりますので
潰瘍性大腸炎の方は
飲まないでくださいね。

 

一般的に、
潰瘍性大腸炎の場合には、
カロナールが処方されることが多いようです。

 

頭痛や発熱で、
お薬を飲みたい場合には、
かかりつけの医師に相談された方が良いでしょう。