潰瘍性大腸炎とサプリメント

潰瘍性大腸炎とサプリメント

潰瘍性大腸炎とサプリメント

世の中には、様々なサプリメントがあふれています。

 

サプリメントを選ぶ時には、まずは
添加物の入っていないサプリメントを選びたいものです。

 

また、添加物の入っていないサプリメントで、
どんなに良さそうなサプリメントでも、

 

人はそれぞれ体調も症状も違いますから、
どんなに良いサプリでも、
効果がある人と
効果がない人はいるでしょう。

 

私はサプリメント推進派でも否定派でもないのですが、

 

「1つのサプリメントだけを摂れば、
病気が完璧に良くなる」とは考えにくかった
ので、
サプリメントに頼らずに治しました。

 

今、世の中に出回っている「栄養素系のサプリメント」は、
食材や食品の中から、
特定の栄養素を分離・抽出したり、化学的に合成して、
錠剤やカプセル(粉末)・液体・ソフトゲルなどの形態にしたものです。

 

栄養素系サプリメントは、
食品から、いくつかの栄養素だけを抽出したもの
ですので、
単一の栄養素を高濃度に含んでいますが、
自然の食品や食品系サプリメントほど
多種類の栄養素をバランスよく含んではいません

 

そのため、栄養素系のサプリメントだけを過大評価し、
食事をおろそかにすると、
必要な栄養素が足りなくなったりします。

 

(たとえば、サプリメントに良く入っている 「ビタミンD」という物質がありますが、
太陽の光を浴びれば、体内で生成されますし、
サプリで摂るより、
太陽を浴びる方が体に良さそうな気がするのです。)

 

栄養素系サプリメントを、過剰に摂取すると、
副作用(過剰症)を招いたり、
単一の栄養素を大量に摂ることで、他の栄養素とのチームワークを乱し、
栄養素全体のバランスを崩すといった問題が生じたりもします。

 

ですから、栄養素系サプリメントは、
慎重に扱った方が良いと思われます。

 

現在はサプリメントブームで、手軽にどこでも手に入れることができますが、
人によっては、よい結果に結び付かないどころか、
マイナスをもたらしている場合もありますので
注意しながら飲んでいきたいものですね。