炎症やリウマチの痛みには、「キャッツクロー」

炎症やリウマチの痛みには、「キャッツクロー」!?

「キャッツクロー」という植物を知っていますか?

 

キャッツクローは、南米ペルーのアマゾンに自生するツタ植物です。

 

土の栄養分を大量に吸収するため、
1ヘクタールに数本しか生えていない、
とても貴重な植物です。

 

古くから、先住民族のあいだで、リウマチや関節痛の生薬として愛用されていました。

 

ペルーの先住民であるインディオは、キャッツクローの樹液を飲んだり、樹皮を煎じてお茶として飲んだりしていました。

 

インカ帝国の時代から、神経痛やリウマチ、関節炎、腰痛などの痛みを取り去る秘薬として使われ、
リウマチの特効薬として愛されてきました。

 

 

WHOは、1994年、ジュネーブ会議で、
キャッツクローを副作用のない抗炎症剤として公式に認定しています。

 

その後、EU(ヨーロッパ)では医薬品として販売、使用されています。

 

リウマチの炎症による痛みはひじょうに強く、たいへんな苦痛をもたらします。

 

キャッツクローの抗炎症作用は大変強く、鎮痛効果もありますので、
リウマチや変形性関節症の激痛を癒し、
動かなかった関節が再び動くようにしていく効果
を生み出します。

 



 

キャッツクローには、6種類の「アルカロイド」が含まれています。

 

「アルカロイド」には、免疫力を上げ、侵入した病原性の細菌やウイルスを撃退する働きがあります。

 

キャッツクローは、
イソテロポディン・ミトラフィリン・テロポディン・リンコフィリン・イソミトラフィリン・イソリンコフィリンという6種類のアルカロイドの成分により、
抗炎症作用、鎮痛作用、関節リウマチや変形性関節症の症状を緩和し、免疫力を整えてくれます。

 

(潰瘍性大腸炎では、免疫を抑える治療をしますが、
免疫を抑えると、他の病気を発症してしまうと断言するお医者さまもおられます。

 

潰瘍性大腸炎の原因は、免疫が上がったせいではなく、
免疫異常ですので、
免疫を抑えるのではなく、整えてあげる方が良いかもしれません)

 

キャッツクローに含まれているアルカロイドは、免疫バランスを整えるのに有効であるとされています。

 

キャッツクローはハーブでありながら、痛みに対して比較的早く効き、即効性もあります。

 

キャッツクローは、リウマチの薬や鎮痛剤の副作用を減らす

 

現在使われている慢性関節リウマチの治療薬は大きく分類して、

 

抗リウマチ薬 ・非ステロイド抗炎症薬 ・副腎皮質ステロイド薬の3つがあります。

 

 

抗リウマチ薬は、

 

免疫のバランスの崩れを整えたり、異常に強く作用する免疫を抑制したり、さまさまな抗リウマチ薬が開発されてます。

 

非ステロイド抗炎症薬は、炎症を抑え、痛みを軽減することが目的の薬剤です。

 

副腎皮質ステロイド剤は、炎症や痛みを抑える作用がもっとも強いお薬です。

 

また、免疫の働きを抑える作用もあるため、リウマチの症状が重いときに、よく使われます。

 

しかし作用が強いぶん、必ずのように副作用が出ると言われています。

 

 

抗リウマチ薬や非ステロイド抗炎症薬も、化学的に合成されているため、思わぬ副作用が出ることもあります。

 

 

それに対してキャッツクローの天然成分は、副作用がほとんどないのが特徴です。

 

からだに穏やかに働きかけ、炎症を鎮め、痛みを軽減させていきます。

 

また、薬の副作用を和らげるのにも効果的です。

 

 

キャッツクローに含まれる、アルカロイドの働きは?

 

イソテロポディン 免疫力を増強する働きをもつ

テロポディン、

 

イソミトラフィリン

体外から侵入した病原体を死滅する働きをもつ
ミトラフィリン 利尿作用がある

イソリンコフィリン

 

リンコフィリン

血管を拡張して血圧を下げる働きがあり、抗血小板凝集作用や血栓をつくらせない働きもあり、脳梗塞、心筋梗塞を予防する働きがある

 

 

● 免疫力増強、炎症を抑える効果

 

研究により、キャッツクローに含まれる特有のアルカロイドは、白血球の貧食作用やTリンパ球の機能を高めることが明らかになりました。

 

また、特に注目されている点として、アルカロイド有効成分の幾つかが
「ペンタサイクリック・オキシインドール・アルカロイド(POA)」と呼ばれる成分であり、

 

免疫作用調整に多大な貢献を果たしてくれることです。

 

POAは、免疫機能バランスを整える力を持っています。

 

キャッツクローの品質

 

キャッツクローは、1ヘクタールに数本しか生えない貴重な生物ですので、
素人では見分けるのが大変です。

 

現地スタッフなどが品質管理をしっかりとしている商品が安心です。
また、余計な添加物が入っていない商品をお勧めします。

 

こちらの商品は、潰瘍性大腸炎で不足しがちなビタミンなども豊富に含み、
アルカロイドの含有量も多いのでおすすめします。
(ビタミンを摂ると、粘膜を早く修復できます)

 

キャッツクローは、内臓の炎症を抑える働きもあるとのことですので、
関節痛以外にも、潰瘍性大腸炎にも
良い作用がある可能性もあります。

 



 

こちら↓の商品も、添加物が一切含まれない、
純粋なキャッツクローのみの商品です。

 

高品質な天然由来のキャッツクロー抽出エキスパウダーを使用し、
超微粒子ナノ化により有効成分の吸収率アップしてあります。

 

ペルーに現地法人を置いていますので、
厳選された良質なキャッツクローを調達することができています。

 

動物性のゼラチンを使用せず、安心の植物性のプルランを使用。

 

キャッツクローの有効成分が、痛みの部分に浸透しやすくするために、
体の組織を作る成分であるMSM(メチルスルフォニルメタン)を
微量配合してあります。

 

【原材料】
キャッツクロー抽出エキス末(キャッツクロー抽出エキス、キャッツクロー粉末)、MSM(メチルスルフォニルメタン)、プルラン(植物由来)

 

 

 

関節炎を自然療法で治す方法は、「潰瘍性大腸炎と関節炎」のコーナーを参考にしてくださいね。