潰瘍性大腸炎の原因と解決法

潰瘍性大腸炎の原因と解決法

潰瘍性大腸炎 原因と結果の法則

(写真は、斎藤一人さんのお言葉より)

 

話は変わりますが、「原因と結果の法則」って聞いたことがありますか?

 

因果の法則」と言われていますが、
「良いことをすれば良いことが起きる」などという意味で使われたりします。

 

小さなことでいえば、
「毒きのこを食べると、食中毒になる」

 

「細菌の入った食べ物を食べたら体調を崩した」とか、

 

「食べ過ぎたら太った」というのも、

 

原因と結果の法則に当てはまりまるかもしれませんね。

 

 

 

この世はほとんどすべて、原因と結果の法則で成り立っています。

 

物事というのは、原因があって結果があります。

 

人生に偶然という要素はほとんど存在せず、
大部分は「原因と結果の法則」に従ってつくられています。

 

 

植物が種から芽生えるように、私たちの体もまわりの環境も、
「思い」や「行動」という種から芽生えるものなのです。

 

 

例えば、わたしたちが毒キノコを食べた場合、
下痢をしたり、吐いたりします。

 

「何か変なものを食べたよ」と
体が教えてくれているんですね。

 

 

たいていの毒キノコの場合は、
毒を出し尽くすと、
元気になれます。

 

(まれに、重症化したり、意識障害を引き起こしたり、
薬がない場合もありますが・・)

 

他の例でも、
「(原因である)細菌を出してしまったら、体調が良くなった」とか

 

「(原因の)食べ過ぎをなくしたら、やせた」など、

 

原因を解消すると、良くなる可能性があります

 

 

潰瘍性大腸炎も同じです。

 

 

「毒(潰瘍性大腸炎になった原因)」を取り除けば、
食中毒(潰瘍性大腸炎)もなくなり、
「もとの元気な状態の
キレイな腸に生まれ変わることができる」と考えられます。

 

 

では、潰瘍性大腸炎になる原因は、何でしょうか??

 

 

潰瘍性大腸炎の原因はいまだに不明ですが、
西洋医学の世界では、
原因ではないかと言われている説が、4つあります。

 

(わたしが考えている原因は、他のところにあるのですが、
それはこちらに書いています。)

 

・フゾバクテリウム・バリウム説
(フゾバクテリウム・バリウムという細菌が原因という説

 

・免疫異常説(アレルギー説)

 

・酵素不足説

 

・水道水説

 

 

他にも、ストレス説などもありますが、
ここでは、肉体的な面にスポットを当てていきます。

 

潰瘍性大腸炎の原因を探って、
ご一緒に、できるだけ症状を軽くする方法、
治す方法、解決策を探っていきましょう。

 

【潰瘍性大腸炎の原因と解決法関連のメニュー】

 

潰瘍性大腸炎の原因は、フゾバクテリウム・バリウム?

 

腸の腸内フローラ移植

 

糞便移植療法

 

潰瘍性大腸炎の原因は、免疫異常?

 

潰瘍性大腸炎と免疫力アップについて

 

潰瘍性大腸炎の原因は、酵素不足?

 

酵素不足を改善する方法

 

潰瘍性大腸炎の原因は、アレルギー?

 

アレルギーを和らげる方法

 

潰瘍性大腸炎の原因は、水道水?