青黛(セイタイ)と昌平クリニックの鍋谷医師

青黛(せいたい)についての、昌平クリニックの鍋谷医師の発表

昌平クリニックの鍋谷医師は、「青黛(せいたい)」の処方について、
日本東洋医学会総会で発表されています。
http://shohei-clinic.com/nti10-6.html

 

鍋谷医師は、粘血下痢便の長引く人、再燃した人など11人に対して、
桃黄湯(桃花湯合黄土湯変方)、大桃花湯、胃風湯などを処方しておられましたが、
これに青黛(せいたい)を加えた時の、粘血下痢便に対する効果について報告されました。

 

少し紹介します。

 

【青黛(せいたい)を服用させた人】

性別 男性8人と女性3人
年齢 10代は1人、20代は5人、30代は1人、50代は2人、60代は2人
炎症部位 直腸型は3例、直腸S字結腸型は6例、全結腸型は2例
服用量 青黛は原則として、1日量6g(2例のみ初回の1週10g)を分けて、煎剤と同時に服用させました。

 

 

 

【結果】

有効率

1〜2週で粘血下痢便の改善をみた著効例は5例で、
中には1日で止血した1例だった。

 

4週間位で改善した4例を加えると、11例中9例82%の有効率だった。

経過

まず血便が消失し、それに伴って便も泥状から有形便となり、
回数も減少している。

 

一方、不変の1例は、2週間で著変ないことから
青黛の中止を希望したものであり、

 

悪化した例は、服用1日目に腹満腹痛で中止した副作用例であった。

服用した日数

青黛の投与期間は、粘血下痢便の改善する4〜6週間としたが、
1例は患者の希望で12週間投与した例もあった。

 

 

鍋谷医師の報告より

 

青黛は、藍(タデ科)からの生成が起源と思われるが、市場においては馬藍(キツネノマゴ科)、松藍(アブラナ科)など数種類が用いられています。

 

今回の青黛は、中国産馬藍(馬藍草:リュウキュウアイ)より作られたものです。

 

本草綱目などにも、解毒、解熱、止血、殺菌作用などが述べられていますが、最近では、ウイルス感染を抑制するともいわれており、潰瘍性大腸炎の誘因説のある細菌の抑制効果など、今後さらに検討したい。今回の症例数は極めて少数であるが、粘血下痢便の改善効果は著しいものと考えています。

 

潰瘍性大腸炎の粘血下痢便に対する漢方処方として、
桃黄湯、大桃花湯、胃風湯、啓脾湯などに青黛を加えた処方は有用であると思われます。


 

潰瘍性大腸炎と青黛(セイタイ)でも書いたのですが、
青黛は、数種類の植物から作られます。

 

鍋谷医師が使われたのは、
琉球藍(リュウキュウアイ)から作られた青黛です。

 

琉球藍から作られた青黛を販売されているところは、
誠心生薬堂さん。

 

無農薬の青黛を使用して、1000年前から変わらない製法で作られています。

 

草はみさんが飲まれていたと書かれていたのは、
栃本天海堂さんの青黛でした。

 

鍋谷医師の処方は、1日6グラムですから、
他と比べて少し多めですね。
(他の医療機関は1日2グラム)

 

82%の有効率はすごいですね。

 

ありがとうございました。