下痢止めには紅茶?

下痢止めには紅茶!?

潰瘍性大腸炎と紅茶

下痢止めに良い飲み物、知っていますか?

 

下痢止めに良い飲み物のひとつ、
それは、
誰もが知っている、「紅茶」なのです。

 

 

紅茶には、「タンニン」という成分が含まれていまして、ちょっと渋みを感じます。

 

「タンニン」には、収れん作用があり、
荒れてしまった腸の粘膜を保護してくれるのです。

 

腸が荒れていることから下痢になるので、タンニンの多く含まれる紅茶を飲むことで、
下痢が改善されることがあります。

 

また、紅茶には「ペクチン」も含まれています。

 

「ペクチン」は、水に溶けやすい水溶性食物繊維で、
うんちの中に含まれる水分を吸い取って、固くしてくれる働きを持っています。

 

うんちが固くなることで、下痢を改善することができるのです。

 

また、紅茶は、体を温める働きがある「発酵茶」ですので、
体の冷えからくる下痢に効果があると言われています。

 

飲み過ぎはよくありませんが、
下痢止めに紅茶、試してみてはいかがでしょうか?

 

紅茶の飲み方のポイント・・

 

砂糖はいれないで!

 

砂糖や甘味料は、便秘や下痢を招きやすく、身体を冷やしてしまいます。

 

濃い目に入れたナチュラルな紅茶か、
はちみつを少し入れて飲むことをおすすめしています。

 

(はちみつは、下痢どめに効果的と言われています)