潰瘍性大腸炎と妊娠

潰瘍性大腸炎と妊娠

潰瘍性大腸炎の患者さんが、特に妊娠しにくいというデータはありません。

 

日本の普通の医師は、妊娠を希望する患者さんに、
次のように説明を行います。

 

「母体(潰瘍性大腸炎の悪化)または子に影響があるので、
免疫抑制剤(できればプレドニンも)の服用した上での妊娠・出産はできる限り避けてください
ペンタサ・サラゾピリンのみになってから、出産を検討してください。」

 

そして、薬をサラゾピリンだけに減らしてから妊娠したら、

 

 

もし、急ぎでなければ、免疫抑制剤(ロイケリンやプレドニン)を使わない身体にすることを目標にしましょう。

 

妊娠出産は、体力勝負なところがありますから、
もし、お時間が許すのであれば、体質改善をされる方が良いかもしれません。

 

国内でも、ロイケリン等の免疫抑制剤を使って出産したいる人もいるとのことですし、
海外では、(日本の医師はあまり薦めませんが、)普通の薬と同じ扱いで、
普通に出産しているとの事例もあるそうです。

 

できたら、一年位、免疫抑制剤(ロイケリンなど)を使用しないで過ごせるようになってから
妊娠された方が良いかもしれません。

 

潰瘍性大腸炎を患っていても、
元気な赤ちゃんを産んで育てている方はたくさんおられます。