潰瘍性大腸炎を悪化させない方法

潰瘍性大腸炎を悪化させない方法

潰瘍性大腸炎を悪化させないようにするためには、
食べ方に気をつけると良いと言われています。

 

【香辛料を摂取する場合】
唐辛子や胡椒などは、腸へ刺激を与えますので、ご飯や野菜をいっしょに食べるようにしましょう。
ごはんや野菜を一緒に食べることで、胃や腸への刺激を減らすことができます。

 

ヨーグルトを食べると、香辛料の刺激を減らすという説もありますが、
潰瘍性大腸炎の場合には、
ヨーグルトが下痢の引き金になる可能性があるので気をつけてください。

 

 

【下痢を治す、水溶性食物繊維を摂る】

 

「食物繊維」とは、食品に含まれる、人の腸で消化することのできない成分のことを言います。

 

食物繊維の多い食品は消化が悪く、下痢の人は食べてはいけないと思われています。

 

確かに繊維を多く含んだ食品はよく噛まなければいけないのもが多いのですが、
水溶性食物繊維には、下痢を治す効果があるのです。

 

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

 

水溶性食物繊維は、水分を吸収してぬるぬるとしたゼリー状になる物質です。
ゼリー状なので、糖を包み込んで吸収しにくくし、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

 

また、同じようにしてコレステロールの吸収を抑え、排出しやすくする効果があると考えられています。

 

また、腸の中で発酵すると、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸内環境を改善する効果もあります。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品は、ヌルヌル、ネバネバしています。

 

ワカメなどに含まれているアルギン酸、ラミナリン

 

こんにゃく、山芋、里芋に含まれているマンナン

 

ペクチンなどに多く含まれています。

 

その他、果物、抹茶粉末、ピュアココア、納豆などにも含まれています。
(納豆は不溶性食物繊維もたっぷり含んでいます。)

 

 

一方、不溶性食物繊維は、野菜、穀類、芋類、果実類に含まれている
セルロース、ヘミセルロース、リグニンや玄米、
ふすまなどに含まれているキシラン等があり、
米みそ、大豆や小豆などの豆類、きのこ類、ごぼうなどに多く含まれています。

 

不溶性食物繊維は、食べると口あたりが悪く、ボソボソしています。

 

胃や腸で水分を含み、便のかさを増やして排出しやすくしてくれます。
また、腸の蠕動運動(腸が便を校門に押し出す動き)を促して便秘の解消に役立ちます。

 

不溶性食物繊維も、水溶性食物繊維のように腸内で発酵して善玉菌を増やすことができますが、水溶性のほうがこの効果は高いとされています。

 

ですから、

 

下痢を予防するためには水溶性食物繊維
便秘を予防するためには不溶性食物繊維

 

と、腸の状況、便の状態によって、摂る食物繊維を変えた方がいいですね。

 

水溶性食物繊維は便の余分な水分を吸収する効果もありますし、
不溶性食物繊維よりも善玉菌を増やしてくれますので、
潰瘍性大腸炎の場合には、水溶性食物繊維を含む食品を食べるようにしましょう

 

水溶性食物繊維を摂っていると、善玉菌が増えて、腸全体の調子が良くなってきます。

 

ゴボウや筍のような水に溶けない繊維の多い食品は少なめにしたいものですが、
水に溶ける、消化の良い水溶性食物繊維食品は、しっかりと摂るようにした方が良いでしょう。