フゾバクテリウム・バリウム対策のために腸内環境を改善する!

潰瘍性大腸炎の原因菌とされる、フゾバクテリウム・バリウム対策

潰瘍性大腸炎 除菌 フゾバクテリウムバリウム

潰瘍性大腸炎の原因菌と考えられている、フゾバクテリウム・バリウム。

 

このフゾバクテリウム・バリウムは、腸内細菌の一種です。

 

私たち人間の腸の中には500種類以上、1000兆個もの腸内細菌が住み着いています。
重さにすると、なんと1キロ〜1.5キロになるそうです。

 

その細菌の中には、皆さんも良くご存知の「善玉菌」と「悪玉菌」があります。

 

また、その中間的な立場として「日和見菌」という細菌も存在します。
潰瘍性大腸炎 善玉菌
「善玉菌」というのは、ビフィズス菌や乳酸菌など。

 

これらは食べ物からのエネルギー吸収を適切な量にコントロールしたり、
排便にもつながる腸の“ぜん動運動”を促してくれて、
身体にとって良い影響を与えてくれる細菌です。

 

潰瘍性大腸炎 悪玉菌
そして「悪玉菌」というのは、大腸菌など、食物などを腐敗させたり、
時にはがんの原因にもなってしまう、身体にとって害を与えることが多い細菌です。

 

フゾバクテリウム・バリウムも、この仲間に入りますね。

 

中間の立場なのが、
その時の環境によって善玉にも悪玉にもなる「日和見菌」と呼ばれるその他大勢の菌です。

 

 

腸の中は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌でびっしりと埋めつくされていて、

 

まるでお花畑のように細菌叢で埋め尽くされているので腸内フローラと呼ばれています。

 

腸内フローラ

 

腸内フローラを形成する善玉菌と悪玉菌は腸内で常に勢力争いをしています。

 

中立的な日和見菌はどちらか優勢なほうに加勢する性質があります。

 

悪玉菌と善玉菌

 

悪い菌を見つけると、除菌!殺菌!というのがこの頃のはやりのようですが、
良い菌と悪い菌のバランスがとれていることが重要であって、
とにかく菌を減らしてしまえ、殺してしまえ、というのでは、
良い菌も死んでしまい、バランスが一気に崩れてしまいます。

 

 

腸内フローラが善玉菌優勢の状態になれば、腸内環境は正常に保たれ、

 

腸内フローラが悪玉優勢になれば、腸内環境は悪化します。

 

腸内環境が良好な状態であるほど、腸も健康に働くことができます。

 

腸内フローラは、善玉菌が20%、日和見菌が70%、悪玉菌が10%くらいになると
腸内環境はとても良好
といえます。

 

悪玉菌とはいえ、タンパク質を分解し、栄養を吸収するために必要なので、
悪玉菌をゼロにはできないのです。

 

一方、悪玉菌が増えると、潰瘍性大腸炎や大腸がんなど深刻な病気が生じると考えられています。

 

つまり、腸内フローラを常に善玉菌優位にしておくことによって、腸内をを正常に保つことができ、潰瘍性大腸炎の予防や症状の寛解にもつながると考えることができるのです。

 

 

腸内フローラが善玉菌優位 腸内環境が良く、潰瘍性大腸炎を予防したり寛解できる
腸内フローラが悪玉菌優位 腸内環境が悪化し、潰瘍性大腸炎が発症したり悪化、再燃してしまう

 

潰瘍性大腸炎の予防や改善にとって、とても大切なことは、腸内フローラを常に善玉菌優位の状態にしておくことです。


フゾバクテリウム・バリウム対策には、ATM療法(除菌療法)!?

フゾバクテリウム・バリウムを除菌する目的で研究されてきたのが、
ATM療法(除菌療法)」です。

 

ATM療法は、慈恵医大柏病院 大草敏史医師が提唱された療法で、
3つの抗菌剤(アモキシシリン、テトラサイクリン、メトロニダゾール)を2週間服用することで
潰瘍性大腸炎が画期的によくなることを証明されました。

 

潰瘍性大腸炎 ATM療法 大草教授
大草敏史先生

 

 

一方、副作用で続けられなくなった、という方もおられるため、
副作用を減らすために、現在は、
AFM療法」の試験が行われています。

 

ATM療法について詳しくは→潰瘍性大腸炎とATM療法

 

AFM療法について、詳しくは→潰瘍性大腸炎とAFM療法

 

もし、ATM療法、AFM療法を受けられる方がおられましたら、
副作用を減らすためにも(減るかどうか確実ではありませんが)
腸内フローラを善玉菌優位に整えられた方が、より良い結果が出るかもしれません。

善玉菌20%の腸内フローラを目指そう!

善玉菌

善玉菌を増やすには、善玉菌の栄養源となる食品を摂ることが大切です。

 

善玉菌の栄養源となる成分としてぜひ摂りたいのが、

 

生きて腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌などを含むヨーグルトや乳酸菌飲料、
乳酸菌サプリ、チーズ、ぬか漬け、味噌、納豆、キムチなどです。

 

ただ、潰瘍性大腸炎の患者さんの中には、
ヨーグルトなどの乳製品が合わない方もおられるので、
合わない方は、他の、ぬか漬け、味噌、納豆などを食べた方が良いでしょう。

 

善玉菌の栄養分ではあるのですが、
潰瘍性大腸炎の場合には、
キムチに含まれる唐辛子も、腸へ刺激を与えますので、
控えた方がよいでしょう。

 

さて、善玉菌の栄養源となる
もうひとつの成分はオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は、他の糖類とは異なり、胃や腸で消化されずに大腸まで届き、
善玉菌の栄養源となってくれる成分です。

 

タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、にんにく、玉ねぎ、トウモロコシ、ネギや、大豆などの豆類、
バナナや牛乳、ハチミツなどにもオリゴ糖が多く含まれています。

 

今は、腸内環境を改善するために、さまざまなサプリや乳酸菌飲料が出ていますので、
活用しても良いでしょう。

 

(潰瘍性大腸炎がよくなることを約束するものではありません。
ご了承ください)

 

無添加のもの、無農薬のものなど、原材料が良いもののみを選んでいます。

 

オススメのサプリ&飲料

 

モリンガの青汁+乳酸菌
腸内で戦う最強コンビ!モリンガ×乳酸菌です。
1包で1億個の有胞子性乳酸菌を配合されており、生きたまま腸に届きます!
モリンガには、抗炎症作用もあります。

 

有胞子性乳酸菌は胞子のような殻のようなもので菌体が守られており、
この殻によって熱や酸などの悪影響に耐え生きたまま腸に届いて腸内環境を良くしてくれます。
さらに乳酸菌での腸内のphを弱酸性に保つことで悪玉菌の異常発酵生成物を抑えるとともに、
善玉菌が繁殖しやすい環境を作ってくれます。
保存料&着色料&香料&カフェインゼロ
無農薬栽培
熊本・天草産使用

 

 

濃縮乳酸菌
一般のヨーグルトや他の乳酸菌サプリとは桁違いの乳酸菌数が含まれたサプリメントです。

スティック1本2グラム内に3兆個の乳酸菌を含んでいます。

 

一般的なヨーグルトの300倍の乳酸菌数です。
高品質の乳酸菌飲料をお探しの方に。

 

 

乳酸菌革命
ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など主役級の乳酸菌が16種類も配合!

 

1日に摂れる乳酸菌は1,000億個です。
腸にしっかり届きやすい有胞子乳酸菌です。
添加物不使用で安心です。