腸閉塞

腸閉塞とは

腸閉塞(イレウス)とは、腸管がふさがって、通過障害が起こっている病態です。
ふさがる原因として最も多いのは、おなかを手術した後の、癒着性腸閉塞です。

 

腸閉塞の症状

腸がふさがる原因はいろいろですが、いずれにしても腸の内容物が通過できずに停滞してしまうため、危機的状況になることがあります。

 

腸管がふさがると、その部分より口側では、おびただしい量の食べ物の残満していくからです。
さらには便がどんどん充満していくからです。

 

腸閉塞の初期症状

初期症状は、さしこむような腹痛(疝痛:せんつう)です。
だんだんお腹がはったり(腹部膨満)、気持ちが悪くなって(悪心:おしん)、吐くようになります(嘔吐:おうと)。

 

当然ながらガス(おなら)も出ず、排便もなくなります。

 

最初は胃の内容物を吐きますが、症状が進むと腸の内容物が逆流して胃にたまり、最後には糞便臭のするものを吐くまでになります。

 

血行障害を伴う絞扼性腸閉塞《こうやくせいちょうえん)では、全身の状態が急激に悪化し、頻脈、発熱、脱水、尿量の減少が見られます。

 

頻脈、発熱、脱水、尿量の減少があらわれると非常に危険で、緊急に処置をする必要があります。
救急車を呼ばなければならない、一刻を争う状態です。

 

腸閉塞の種類

腸閉塞は、原因の違いから、大きく「機械的腸閉塞」と「機能的腸閉塞」に分けられます。

 

機械的腸閉塞のほうが圧倒的に多く、90 %を占めます。

 

 

機械的閉塞とは何ですか?

単純性腸閉塞と、絞扼性(複雑性)腸閉塞の2種類があります。

 

単純性腸閉塞は、がんや異物などで腸管の内腔がふさがることで
絞扼性(複雑性)腸閉塞は、腸管が癒着したり、ヘルニア、捻転、重積(腸の中に腸が入りこむ)のどれかを起こすことです。
単純性腸閉塞の原因としてもっとも多いのが手術後の癒着で、次に多いのが大腸がんです。

 

機能的閉塞とは何ですか?

機能的腸閉塞には、マヒ性腸閉塞と、ケイレン性腸閉塞があります。

 

腸には器質的な病気がなく、腸の運動が障害されて起こる腸閉塞です。

 

 

 

 

 

腸閉塞の検査と診断

腸閉塞は、どのように検査するのですか?

まず、腹部の「X線検査」を行います。
このX線撮影で、腸閉塞かどうかはすぐにわかります。

 

血液検査」で、炎症反応が出ているかどうかをみます。

 

イレウス管」という長い管を、鼻から胃を通して、十二指腸、小腸まで入れて調べる検査が必要になる場合もあります。
この検査では、貯留した内容物を除いて腸内の減圧をはかったりタイミングをみて造影剤を注入し、腸閉塞の状況を調べます。

 

「CT検査」や「超音波検査」は絞扼性腸閉塞の検査に役立ちます。

 

 

 

 

腸閉塞の治療法

★胃管(鼻から胃の中まで管を入れ胃液を外に出す)、またはイレウス管(胃管より長い管)を腸管のふさがっている部分まで挿入します。

 

挿入する時、管の先につけたバルーンをふくらませ、腸内にしばらくの間とどめると、腸のむくみがとれ、ふさがりが解消されることもあります。

 

★脱水と電解質のアンバランスを補正するため、輸液を行います。

 

★開腹手術で癒着を剥離したり、腸管を部分切除します。