潰瘍性大腸炎の原因は、酵素不足!?

B潰瘍性大腸炎の原因は、酵素不足!?

潰瘍性大腸炎 酵素

潰瘍性大腸炎の原因と考えられているものは他にもあります。

 

ある種の酵素の不足

 

牛乳などのアレルギー心理的な原因などです。

 

潰瘍性大腸炎の原因は、酵素の不足!?

 

体内に必要な酵素が不足すると、腸内環境が悪化します。

 

消化不良によって胃腸の調子が悪くなったり、
腸だけでなく胃や小腸にも炎症が起き、アレルギーや深刻な病を発症することもあります。

 

また、消化されていないたんぱく質などの粒子が血液に流れこみ、
異物を排除する免疫システムによって炎症が起こったりします。

 

酵素が不足すると、体に必要な、ビタミンやミネラルといった栄養素も十分に吸収されません。

 

酵素不足によって潰瘍性大腸炎になるのかどうかは、まだハッキリとわかりませんが、
酵素の力で、潰瘍性大腸炎が改善する可能性はありますね。

 

酵素不足を解消する方法は、こちらの記事をどうぞ。