潰瘍性大腸炎の重症度チェック

潰瘍性大腸炎の重症度チェック

潰瘍性大腸炎には、軽症、中等症、重症というように、
病気の重さによって分類されています。

 

重症度は、1日の便回数、血便の程度、貧血の程度、発熱(37.5度以上)、頻脈(脈が1分に90回以上)、赤沈の程度で決定され、
軽症、中等症、重症、劇症に分類されます。

 

重症度によって、治療法が異なりますので、
重症度を決めるための検査は重要です。

 

潰瘍性大腸炎の重症度分類

(旧厚生省[現厚生労働省]下山班)

 

  重症 中等症 軽症
排便回数 1日6回以上 重症と軽症の中間 1日4回以下
顕血便 +++ 重症と軽症の中間 +〜−
発熱 37.5℃以上 重症と軽症の中間 なし
頻脈 90/分以上 重症と軽症の中間 なし
貧血 Hb10g/dl以下 重症と軽症の中間 なし
赤沈 30mm/h以上 重症と軽症の中間 正常

 

 

注: ● 重症とは(1)および(2)の他に全身症状である(3)または(4)のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目以上を満たすものとする。
● 軽症は6項目全てを満たすものとする。

 

潰瘍性大腸炎 劇症の診断基準

 

重症の中でも特に症状が激しく重篤なものを劇症とし、
発症の経過により、急性劇症型と再燃劇症型に分ける。

 

劇症の診断基準:以下の5項目を全て満たすもの
(1)重症基準を満たしている。
(2)15回/日以上の血性下痢が続いている。
(3)38℃以上の持続する高熱がある。
(4)10,000/mm3以上の白血球増多がある。
(5)強い腹痛がある。

 

重症度による、薬や治療法の違い

 

病院では、重症度によって、異なる薬や治療法を勧められます。

 

軽症から中等症の場合

はじめに選択される薬は、5ASA製剤(サラゾピリン、ペンタサ、アサコール)です。

 

直腸炎型や左側大腸炎型では、サラゾピリン坐薬やペンタサ注腸薬を使うこともあります。

 

改善が見られない時には、ステロイド(経口プレドニン)が考慮されます。

 

経口プレドニンは30-40mg/日の量で開始し、1〜2週間で、少しづつ減らしていきます。

 

ステロイドは治療効果が現れるのが早いですが、感染症や消化器症状、顔面が丸くなる(ムーンファイス)などの副作用があります。

 

長く使用していると、骨粗鬆症や糖尿病発症のリスクもあります。

 

3-4か月以内で使うようにしたいものです。

 

【中等症の場合】

 

ステロイドと併用しながら、血球成分吸着・除去療法(白血球除去療法・LCAP療法)を選択することもあります。

 

透析のように、血管に針を刺して、炎症をひきおこす白血球の一部を除去する方法です。

 

日本で開発された療法です。

 

副作用が少ないのが良い点ですが、効果が出るのが遅いことがあります。

 

基本的に計5回で1クールです。効果に応じてもう1クール追加したりもします。

 

 

【重症の場合】

強い腹痛や高熱、全身的な消耗が激しく、重症に分類されるような症例では、入院を勧められます。

 

絶食した上で、ステロイドの点滴をうちます。

 

ステロイドの効果が出なかったり、内視鏡で見た時に、潰瘍が非常に深かったり、粘膜の脱落が著しい時には、

 

経口プログラフ、レミケードの点滴静注、ヒュミラの皮下注射を勧められることもあります。

 

サラゾピリンはこちら
ペンタサはこちら
アサコールはこちら
血球除去療法はこちら
プログラフはこちら
レミケードはこちら
ヒュミラはこちら