潰瘍性大腸炎が再燃する原因は何?

潰瘍性大腸炎が再燃する原因は?

潰瘍性大腸炎の多くは、「活動期」と「寛解期」を繰り返します。

 

「活動期」には、炎症が活発で病状が悪化します。

 

「寛解期」には、大腸の炎症が治まって症状がなくなります

 

寛解期から活動期に移行することを、「再燃」といいます。

 

ここでは、再燃の原因やきっかけ、
再燃を避ける方法について考えてみましょう。

 

潰瘍性大腸炎が再燃する原因・きっかけとは

 

潰瘍性大腸炎が再燃するきっかけは、人それぞれです。

 

人それぞれですが、大きく分けると3つのパターンがあるようです。

 

潰瘍性大腸炎の再燃のきっかけは、以下の3つが多いようです。

 

@心理的なストレス
潰瘍性大腸炎 再燃のきっかけ
潰瘍性大腸炎の大きな原因のひとつとして、
ストレスが挙げられますが、

 

潰瘍性大腸炎が再燃した原因も、
学校や仕事上のストレスというケースは多いようです。

 

A体への負担

 

体へかかる負担が大きくなると、
再燃のきっかけになることがあります。

 

例えば、仕事で残業が続き、疲労がたまっていたとか
女性の場合ですと、
妊娠、出産」で再燃する方もいます。

 

できるだけ体に負担をかけすぎないように、
疲れたら早めに寝る、休みをとるなどを心がけるようにしましょう。

 

B食生活の乱れ

 

油っぽいものを食べ過ぎたり、
ついお酒を飲んでしまい再燃したというケースもあります。

 

正しい食生活を心がけ、
腸内細菌叢のバランスが良くなるような食品をとるように心がけましょう。