盲腸/虫垂炎

盲腸/虫垂炎の原因

虫垂炎と腸閉塞は、急に起こる腹痛の中で、頻度が高い2つです。

 

<虫垂炎>
特徴的な右下腹部の痛み。
10〜30代の男性に多い病気です。

 

虫垂炎の原因は?

虫垂炎は、盲腸から出ている虫垂に
炎症が起こる病気で、

 

炎症が盲腸にまでおよんだものが盲腸炎です。

 

炎症は、細菌(多くは大腸菌などの腸内細菌)やウイルスに感染して起こるとされますが、
このとき、虫垂の中が閉塞しているのがよくみられます。

 

閉塞は、糞石(ふんせき=粘液に含まれるリン石灰がかたまって虫垂の末端にたまる)や、
内部のリンパ組織が増殖するためにおこるとされています。

 

炎症が進むと、虫垂に穴があいたり (穿孔)、
お腹の中まで膿がもれて炎症が広がり(腹膜炎)、
生命をおびやかすこともあります。

 

子どもから高齢者まで、幅広い年代
に起こりますが、10ー30代の男性に
もっとも多くみられます。

 

虫垂炎の症状・検査・診断

虫垂炎の症状

 

虫垂炎になると、よく右の下腹が痛くなるといわれます。

 

しかし、その前におへそのまわりの痛みで発症することが多いようです。

 

時間が経つにつれて右下腹部に痛みが集中するようになります。

 

食欲がなくなって、吐きけや嘔吐があらわれることもあります。

 

これは近くの小腸がマヒするためで、便秘になることもあります。

 

炎症のため発熱があり、歩くと右下腹のつれるような痛みで、
歩くのも難しくなることがあります。

 

 

虫垂炎の検査

 

まず、医師の「触診(お腹をさわる診断)」が重要です。

 

 

医師がお腹を押していた手を離したと
きに、ピリッと強い痛みが走ったり
さわっただけでお腹が板のようにかたくなったら

 

炎症が腹膜におよんでいるしるしです。

 

ただし、5〜6才以
下の小児や高齢者は、このような症状が出にくいので注意が必要です。

 

「血液検査」では、白血球が増えているかどうかで、炎症反応を調べます。

 

「X線検査」では、糞石の有無、腸のマヒの状態、他の病気(尿
路結石など)がないか、などを調べます。

 

「超音波検査」は虫垂炎には有効な検査で、
虫垂がはれているのが確認できれば、診断が確定します。

 

また、糞石がないか、腹水がたまっていないか、
ほかの病気(卵巣嚢腫など)がないかなどを調べます。

 

盲腸・虫垂炎の治療法

 

虫垂炎の治療は、病期によって異なります。

 

虫垂炎の病期は次の3段階に
わかれます。

 

●カタル性(初期段階)

 

●・蜂窩織炎性(ほうかしきえんせい)

 

●壊疽性(えそせい)

 

このうちカタル性虫垂炎 は手術の必要はなく、
抗生物質で治るようになっています。

 

ほかの2段階では手術が必要です。

 

《手術》
虫垂を切除するのが、1番の目的です。

 

まれに盲腸や回腸を切除しなければならない場合もあります。

 

●麻酔……腰椎麻酔、あるいは全身麻酔で行います。欧米では全身麻酔で
行うことが多く、日本でも全身麻酔を選ぶ医療機関がふえています。

 

腰椎麻酔とくらべ安全性が高く、虫垂炎の多
彩な病変に対応しやすいからです。

 

●術法:::開腹手術、もしくは腹腔鏡手術で行います。

 

腹腔鏡手術は、傷跡が小さく、入院期間も非常に短くて済みます。

 

ただし、炎症が激しい虫垂炎では、腹腔鏡手術は難しい場合があります。

 

注意!!

 

小さな子どもや高齢者の場合、虫垂炎が起こっても症状があまりみられません。

 

また、A血液検査でも白血球の
増加がはっきりしません。そのため発
見が遅れ、腹膜炎がかなり進んでしま
うことがあります。