プロフィール

これまでの軌跡〜プロフィール〜

潰瘍性大腸炎から回復

トップページにも書いていますが、
わたしが潰瘍性大腸炎になったのは、
18歳の時でした。

 

18歳で大学へ進学し、親元から離れました。

 

親元から離れた生活は、
お伝えするのも恥ずかしいのですが、
自堕落の連続で、

 

食生活は、毎日パンということも多々ありました。

 

実家では、母親が栄養たっぷりの食事を作ってくれましたが、
ひとり暮らしでは、自分でなんとかするしかありません。

 

自炊があまり好きではなかったということと、
甘いものに目がなかったので、
毎日パンが食べれる毎日は、
パラダイスでした。

 

 

 

そんな中・・

 

18歳の暑い夏の日、苦しみは突然始まりました。

 

大学にも慣れ、楽しくなってきた頃でした。

 

 


潰瘍性大腸炎と診断される

急におなかが痛くなり、耐えきれないほどの刺すような痛みが襲ってきました。

 

トイレに駆け込むと、真っ赤な血がトイレに付いていたのです。

 

ガンかもしれない・・

 

真っ青になりました。

 

 

 

確かめるのが怖かったので、すぐには病院には行きませんでした。

 

すぐに治るだろう、そんな甘い考えもありました。

 

でも、どんどんどんどん おなかの痛みはひどくなり、
一日に2度、3度、4度と、トイレに駆け込む頻度が増えていきました。

 

さし込むような痛みと血便・・

 

そんな日が1ヶ月くらい続きました。

 

どうしても治らなかったので、
ようやく病院に行きました。

 

大腸を検査されるのは、18歳の若さではツライことでした。

 

「潰瘍性大腸炎ですね」

 

医者に告げられた検査結果は、「潰瘍性大腸炎」。

 

聞いたこともない病気でした。

 

 

それから、毎日毎日、刺すようなおなかの痛みと、
血便とガスに悩まされ続けました。

 

突然トイレに行きたくなるので、近くにあるトイレはすべてチェックし、
どこかに出かけるときも、まずトイレの場所をチェックしてからではないと
遠出できなくなったのです。

 

 

おなかを剣で刺されるかのような、
ねじれるような痛みは、今でも忘れられません。

 

 

病院でもらった薬を飲んでも、ちっとも良くなりませんでした。

 

飲んでも飲まなくても同じなので、
薬を飲むのをやめました。

 

 

どんどん症状は悪くなっていく一方でした。

 

 

最初に病院に行った時ですら、入院を勧められたのです。

 

でも、入院するのは絶対に嫌だったので、
断固拒否しました。
(人にはお勧めしません)

 

何とかして自分で治してみせる!

 

固い決意を持ちながら、
効果があるといわれる療法を
片っ端から試していきました。

 

でも、病気は一向に良くならず・・

 

 

ひとり暮らしで、好きなものが食べれるということもあり、
ケーキバイキングに行ったり
お酒を飲んでしまったこともありました。

 

 

けれども、
油っぽいものを食べたり、お酒を飲んだ次の日は、
ねじれるような痛みと、刺すような痛みで動けなくなりました。

 

痛みで一歩も動けず、
一日中トイレにこもりきりだったことも
何度もありました。

 

 

そんな日が続き、
あっという間に、
潰瘍性大腸炎になってから4年が過ぎました・・

 

潰瘍性大腸炎を抱えたまま、大学卒業。そして就職

大学を卒業するときになっても、ちっとも症状は良くならず、
泊りがけの教育実習の単位をとるのに、
大変苦労をしました。

 

恥ずかしくて、友人にも、先生にも、
病気のことは言っていませんでした。

 

 

突然トイレに行きたくなるので、
大学では、黙って講義を抜け出していました。

 

1回の授業で、2度3度と抜け出すので、
不真面目な生徒と思われていたと思います。

 

この頃は、一日に30回ほどトイレに駆け込んでいる毎日でした。
おなかはほぼ一日中重く、刺すような痛みに耐えていました。

 

 

でも、教育実習では勝手に授業を抜け出すわけにはいきません。

 

極力トイレにいかなくても済むように、
わたしはほとんど物を食べないようにしました。

 

(それでも、何回もトイレにかけ込みました)

 

 

就職でも、途方に暮れました。

 

 

友人は、ほとんど教員採用試験を受けていました。

 

わたしも一緒に勉強し、受験しましたが、
先生になって、1日中 学校の中を走り回るのは、無理な状態でした。

 

さいわい、ピアノ講師の試験に合格し、
ピアノ講師、システム講師として、楽器店が雇ってくれることになりました。

 

 

 

ピアノの講師は、学校の先生よりも時間の融通がききます。

 

なにより、体の負担が軽いのがありがたかったです。

 

グループレッスンも、長くて1時間だったので、
レッスン前に何も食べなければ、トイレにいかなくても済みました。

 

 

 

大学を卒業し、就職してからも、
いっこうに病気は良くなりませんでした。

 

一進一退ではなく、どんどん後退していくのです。

 

 

「もう、治ることはないのかもしれない・・」

 

 

最初に検査を受けたときに先生に言われた言葉、

 

「潰瘍性大腸炎は、薬を飲んでも治りません。
うまく付き合っていくしかないのです」という言葉が
重くのしかかってきました。

 

そして、それでもいいやと、
自暴自棄になっていました。

 

 

出会い&生活を改める

潰瘍性大腸炎.com トップページ

絶対に治りたいと思ったのは、一人の人と出会ったからかもしれません。

 

「病気が治らなくても、お前と結婚したい」

 

そう言ってくれたのは、今の主人。

 

それまでの人生は、投げやりでちゃらんぽらんだったけど、
この人には、きちんと向き合わなくてはならないと思いました。

 

それから結婚式までの半年。

 

さまざまな療法の中で、効果がありそうなものを、ちゃんと試し始めました。
わたしの体調は少しづつ良くなっていきました。

 

 

結婚式のときも、体調は完全ではなかったので、
朝から何も食べずに乗り切りました。

 

 

そうしないと、指輪交換の途中にでも、
トイレに行きたくなってしまうかもしれなかったから。

 

付き合っているときも、貧血で何回も倒れていましたし、
そのたびに介抱してくれた主人には、
感謝の思いでいっぱいです。


潰瘍性大腸炎が良くなった!

体調が完全に良くなったことに気づいたのは、
結婚して半年後ぐらいの時でした。

 

遠出して、2時間ドライブしたのですが、
その途中、一度もトイレに行かずに済んだのです。
その頃には、刺すような痛みも、
トイレの時少しだけあるくらいで、ほとんどなくなっていました。

 

 

ドライブに行ったらいつも、パーキングエリアで毎回止まってもらうのに、
そして、次のパーキングエリアまでもつだろうかとドキドキする毎日だったのに、
その日は違いました。

 

今でも、あの日の嬉しさは鮮明に覚えています。

 

2時間トイレにいかずに済むなんて、
普通の人にとっては、特別なことでも何でもないのかもしれません。

 

でもわたしにとっては、2時間トイレに行かずに済むなんて、
ありえないことだったのです。

 

 

ホームページを立ち上げた理由&現在

「何が悪かったのだろうか?」
「どうしたら治るのだろうか?」

 

潰瘍性大腸炎を発症した18歳からの7年間は、
その日を生きるだけで精一杯な日々でした。

 

 

「潰瘍性大腸炎には寛解期がある」と本で読みましたが、
自分には全然、寛解期はありませんでした。

 

 

「1日にトイレが4回以下」という日も 1日もありませんでしたし、
血液検査でも、常にひどい値が続いていました。

 

 

微熱か高熱が続き、
貧血に悩まされ続け、

 

「いつかは治る」と言う期待も、いつの間にかなくなっていました。

 

良さそうなことを試しながらも、
「やっぱり治らないのかもしれない」と思い悩み、
気がつけば、身も心もボロボロになっていたのです。

 

 

もしかしたら、この広い世の中には、
昔の自分のように、身も心もぼろぼろになっている人がいるかもしれない。

 

そう思うと、胸がぎゅっとつかまれるように痛くなります。

 

 

そんなわたしが、今では3人の子供を出産し、
潰瘍性大腸炎から解放されてからの15年間、
一粒の薬も飲むことなく、
元気に過ごしています。

 

けれども、今でも潰瘍性大腸炎を患っていたときの
痛みと悩みを忘れることができません。

 

出産の痛みより、潰瘍性大腸炎の痛みの方が
何倍も痛かったことも、忘れられません。

 

 

そこで、少しでも潰瘍性大腸炎に日々向き合っている人の
役に立てればという思いで、
このホームページを立ち上げることにしました。

 

自分は、西洋医学に反対しているわけではありません。
緊急疾患などに対処する方法として、
素晴らしい効果もあると思っています。

 

このホームページは、
西洋医学、東洋医学を含め、様々な情報、選択肢、
さまざまな方が書かれているブログのご紹介、
自分の体験を提供したいと考えて作りました。

 

また、自分が実践した内容はホームページ上には紹介していませんが、
読んでいただけたらと思い、
文章に書き綴ることにしました。

 

わたしが実践した内容はこちらから

 

あなたと出会えたこと、
読んでくださったことに、心から感謝を込めて。

 

ありがとうございました。